Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の食糧「今年120万トン以上不足」 昨夏の台風など影響=韓国統一相

記事一覧 2021.02.18 20:15

【ソウル聯合ニュース】韓国の李仁栄(イ・イニョン)統一部長官は18日、国会外交統一委員会の全体会議で、今年の北朝鮮の食糧事情について、「昨夏の水害や台風被害による減産の規模が20万~30万トンと推定される」とし、今年は食糧が120万~130万トン程度不足するとの予想を示した。

国会外交統一委員会の全体会議に出席した李仁栄氏(右)と鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官=18日、ソウル(聯合ニュース)

 李氏は「北では年間、おおよそ100万トン程度不足しており、(台風などによる減産分の)20万~30万トンを加えると、不足分が算出される」と説明した。

 北朝鮮への人道支援については、「人道主義に基づく協力の問題は政治・経済・安全保障の状況とは別に一貫して推進することが望ましいという認識が党派を超えて形成されていると考える」と述べた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。