Go to Contents Go to Navigation

「慰安婦は売春婦」米大学教授論文 女性相の鈍い反応に批判も=韓国

記事一覧 2021.02.19 10:13

【ソウル聯合ニュース】米ハーバード大ロースクールのジョン・マーク・ラムザイヤー教授が旧日本軍の慰安婦を「売春婦」と見なす論文を書いた問題で、韓国の鄭英愛(チョン・ヨンエ)女性家族部長官が論文の内容を把握しながらも対応を取ろうとはしなかったことが分かった。韓国政府として対応する必要性についても懐疑的な反応を示した。

国会女性家族委員会の全体会議に出席した鄭長官=18日、ソウル(聯合ニュース)

 女性家族部の高官は19日、「長官は(英語で書かれた)原文の論文を確認済みだ」と伝えた。論文を確認した正確な日付には触れなかった。

 ラムザイヤー氏の論文の内容が韓国で初めて取りざたされたのは今月1日だった。慰安婦被害者について「公認された売春婦」「女性が自発的に売春婦に応募」などと記している。これが本格的に問題視され始めたことから、鄭氏は個人的に論文を入手して目を通したようだ。

 だが、2週間ほどたっても女性家族部として公式な見解を示さなかった。与党「共に民主党」の梁敬淑(ヤン・ギョンスク)国会議員の関係者によると、同議員側は何度も女性家族部に対し、論文を確保したか、内容を確認したかと問い合わせたが、返答は「論文は見ておらず、対応していない」だった。

 女性家族部は16日、慰安婦被害者に対する名誉棄損(きそん)の事例は大変遺憾であり、再発しないよう願うとの立場を表明した。

 だが、これについて鄭氏は18日に国会女性家族委員会に出席した際、「論文そのものへの対応というよりは、(慰安婦被害者の李容洙=イ・ヨンス=さんの活動を)妨害するような活動に対するもの」と発言した。また、論文への対処を問われると、「この論文に政府が対応するほどの価値があるものなのかどうか」と言葉を濁した。

 鄭氏は昨年12月の長官就任後、「慰安婦被害者の尊厳と名誉を回復するため努力する」と繰り返してきた。

 政界からは、被害者の名誉棄損につながりかねない論文に沈黙することは主務官庁のトップとして適切でないとの声も上がっている。

 韓国だけでなく米国の大学生や識者、政界からも論文に対する批判が相次ぐ状況にもかかわらず、鄭氏は論文への対応の必要性に懐疑的で、それはこの問題を傍観、あるいは目をそむける印象を与えるものだとの指摘も出ている。

 梁議員側は鄭氏の態度を批判するとともに、「こうしたことに対する(政府の)対処が、今後同様のことが起きた場合にどう対処するかの方向性を定めてしまうことになる」と懸念した。

 女性団体などでも政府の積極的な対応を求める意見が出ている。女性平和運動ネットワークのチョ・ヨンミ執行委員長は鄭氏の発言について「政府が乗り出すことで場合によっては論争が広がりかねないという政務的な判断だったかもしれない」との見方を示す一方で、「女性家族部は慰安婦問題に関する政策を担当する主務官庁という点で、ラムザイヤー教授の論文などに積極的に対応することが被害者の人権回復、そして国民、政府にとって非常に重要だ」と述べた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。