Go to Contents Go to Navigation

20~30代の94%「コロナワクチン接種後もマスク着用」=韓国調査

記事一覧 2021.02.19 15:21

【ソウル聯合ニュース】韓国大手生活用品メーカー、柳韓キンバリーが19日発表した「個人用衛生用品の使用実態」調査の結果によると、20~30代の消費者のうち94%が「新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた後も引き続きマスクを着用する」と答えた。

20~30代の消費者のうち「ワクチン接種後もマスクを着用する」と答えた人は94%に上った(柳韓キンバリー提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 マスクを着用する理由(複数回答)は、「ワクチンを打っても抗体ができるまでに時間がかかりそうだから」(62%)、「ワクチンを打っても変異種のウイルスに感染するかもしれないから」(59%)との答えが多く挙げられた。

 韓国で新型コロナの感染者が発生してからの1年間に使用したマスクの数は、23%が「150~200枚」と答えた。週に平均3枚を使用する計算だ。

 「100~150枚」が16%、「350枚以上」は14%で、ほぼ毎日新しいマスクを着用していることになる。

 調査は先月30日、20~30代の男女500人を対象にオンラインで行われた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。