Go to Contents Go to Navigation

島根県知事に「竹島の日」式典廃止求める 韓国人教授が抗議メール

記事一覧 2021.02.22 10:30

【ソウル聯合ニュース】韓国の広報活動などに取り組む誠信女子大の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授は22日、島根県の丸山達也知事宛てに「竹島の日」の式典廃止を求める抗議の電子メールを送ったと明らかにした。韓国の独島を巡って、島根県は2月22日を条例で竹島の日と定め、2006年から毎年式典を開催している。日本政府は今年の式典にも内閣府政務官を派遣する。

島根県庁舎にある竹島資料室ではアシカをキャラクターに、展示、説明をしている(徐氏提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 徐氏はこのメールで「行事を行うからといって、独島が日本の地になるわけではない。歴史的、地理的、国際法的に独島は明白に韓国の地だからだ」と記したという。独島が韓国領土である理由を説明する日本語の資料を添付し、行事の廃止を求めた。

 徐氏はこれまでに6回、式典を前に島根県を訪れているが、今年は新型コロナウイルス感染拡大のために現地には行けず、メールで抗議した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。