Go to Contents Go to Navigation

国内最古の太極旗を特別公開へ 独立運動記念日に合わせ=韓国 

記事一覧 2021.02.22 11:57

【ソウル聯合ニュース】韓国の国立中央博物館が22日、国内に現存する最も古い太極旗(韓国国旗)「デニー太極旗」を23日から3月8日まで常設展示室の大韓帝国室で特別公開すると発表した。日本による植民地支配に抵抗して1919年に起きた独立運動の記念日「三・一節」(3月1日)102周年に合わせて企画した。

デニー太極旗(国立中央博物館提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 この太極旗は、1890年に朝鮮王朝第26代王の高宗(在位1863~1907年)が外交顧問だった米国人オーウェン・デニーの帰国の際に贈ったもので、「デニー太極旗」と呼ばれる。デニーの子孫が1981年に韓国に寄贈し、登録文化財に指定された。

 大きさは縦180センチ、横263センチ。白地の綿布を2枚つなげ、中央に赤色と青色の布を縫い合わせて「太極」をあらわした。周りの「四卦」は、形と配置は現在の太極旗とほぼ同じだが、色は黒でなく青になっている。 

 国立中央博物館は太極旗の歴史を紹介する映像も準備する。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。