Go to Contents Go to Navigation

免税店の負担軽減へ 政府が「特許手数料」一時引き下げ=韓国

記事一覧 2021.02.22 14:04

【世宗聯合ニュース】韓国政府が新型コロナウイルス流行の打撃を受けている免税店の負担を軽減するため、免税事業者が納める「特許手数料」を一時的に大幅に引き下げる。

免税店=(聯合ニュースTV)

 企画財政部は22日、免税店の2020~21年の売上高に対する特許手数料を現行比で50%軽減する内容の関税法施行規則改正案を告示すると発表した。告示や法制処の審査を経て、来月中に施行予定だ。

 特許手数料は政府が免税事業者に独占的な権利を認める代わりに徴収するもので、手数料率は運営企業の規模や売上高によって異なる。中小・中堅企業は売上高の0.01%、大企業は0.1~1.0%となっている。

 19年の売上高に対する免税店の特許手数料は総額751億ウォン(約72億円)だった。

 企画財政部は「特許手数料の軽減が免税店産業の危機を緩和するのに役立つだろう」と期待を示している。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。