Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(2月22日)

◇新規コロナ感染者 7日ぶり400人下回る

 韓国の中央防疫対策本部は22日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から332人増え、累計8万7324人になったと発表した。市中感染が313人、海外からの入国者の感染が19人だった。1日当たりの新規感染者数は前日(416人)から84人減少し、15日(343人)以来、1週間ぶりに300人台に下がった。週末のため検査件数が減少した影響が表れたとみられ、このところの感染拡大が完全に収まったと判断するのは難しい。1週間単位の感染者発生の流れからみて、週の半ばから再び増加する可能性もある。

ソウルの国立中央医療院に設置された新型コロナウイルスの専用診療所(資料写真)=(聯合ニュース)

◇コロナ防疫対策の再強化に「賛成」6割超 世論調査

 世論調査会社リアルメーターが発表した調査結果によると、政府が実施する新型コロナウイルスの防疫対策「社会的距離の確保」を再び強化することに「賛成」と答えた人が62.5%に上り、「反対」の34.4%を大きく上回った。政府は15日から2週間、社会的距離の確保のレベルを首都圏で上から3番目の第2段階、首都圏以外は第1.5段階に引き下げているが、このところ感染者数は増加傾向にある。

◇市長選控えるソウル 最大野党支持率が与党を再逆転

 リアルメーターが発表した政党支持率によると、4月に市長補欠選が実施されるソウルで、保守系最大野党「国民の力」の支持率が前週から2.5ポイント上昇の32.6%、革新系与党「共に民主党」が2.2ポイント下落の29.5%だった。その差は3.1ポイントで前週と同じく誤差の範囲ながら、順位は再び入れ替わった。

◇島根県知事に「竹島の日」式典廃止求める 韓国人教授が抗議メール

 韓国の広報活動などに取り組む誠信女子大の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授は、島根県の丸山達也知事宛てに「竹島の日」の式典廃止を求める抗議の電子メールを送ったと明らかにした。韓国の独島を巡って、島根県は2月22日を条例で竹島の日と定め、2006年から毎年式典を開催している。日本政府は今年の式典にも内閣府政務官を派遣した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。