Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(2月23日)

記事一覧 2021.02.23 10:00

◇新規コロナ感染者357人 2日連続300人台

 韓国の中央防疫対策本部は23日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から357人増え、累計8万7681人になったと発表した。市中感染が330人、海外からの入国者の感染が27人だった。1日当たりの新規感染者数は前日(332人)より25人増えたが、2日連続で300人台にとどまった。

新型コロナウイルスの検査を待つソウル市民(資料写真)=(聯合ニュース)

◇ファイザー製コロナワクチン きょう最初の検証結果発表

 食品医薬品安全処は23日、米製薬大手ファイザーとの直接契約により韓国に輸入される新型コロナウイルスワクチンの認可に向け、3回行われる諮問会議のうち最初の検証諮問団会議の結果を発表する。会議で認可が可能との結論が出ても、続く中央薬事審議委員会、最終点検委員会の承認を受けなければ最終認可を得ることができない。一方、ワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組み「COVAX」を通じて調達したファイザー製ワクチンは27日から接種が始まる。これについては、品目許可を受けずに輸入できる「特例輸入」手続きが行われた。

ファイザーの新型コロナウイルスワクチンに対する最初の検証結果が発表される(イラスト)=(聯合ニュース)

◇昨年の韓国成長率 主要15カ国中3位

 経済協力開発機構(OECD)が発表した統計によると、新型コロナウイルス感染拡大のあおりで昨年の韓国の経済成長率はマイナス1.0%となったものの、主要15カ国のなかで3番目に高かった。中国の成長率が2.3%で最も高く、次いでノルウェーがマイナス0.8%で続いた。観光などサービス業が経済に及ぼす影響が大きい国は新型コロナウイルスによる衝撃をまともに受けたが、中国と韓国は製造業の割合が高く、比較的影響が少なかったと分析される。

◇辞意表明の大統領府秘書官 去就を大統領に一任

 検察人事を巡って朴範界(パク・ボムゲ)法務部長官と対立し、辞意を表明した青瓦台(大統領府)の申ヒョン秀(シン・ヒョンス)民情首席秘書官が22日、4日間の休暇から復帰し、自身の去就を文在寅(ムン・ジェイン)大統領に一任した。申氏が留任する方向で幕引きが図られるとの見方が大勢だが、しばらく時間を置いた後で最終的に民情首席を交代させる可能性もあるとの見解も出ている。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。