Go to Contents Go to Navigation

サムスンが15年連続テレビ世界1位 シェア過去最高の31.9%

記事一覧 2021.02.24 11:35

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子が、世界テレビ市場で15年連続シェア1位を記録した。

サムスン電子が世界のテレビ市場で15年連続シェア1位を記録した(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 英調査会社オムディアが24日までに発表した統計によると、サムスン電子は2020年の世界テレビ市場で過去最高となるシェア31.9%(売上高ベース)を占めた。昨年10~12月期のシェアは31.8%だった。

 同社は2006年にテレビ「Bordeaux(ボルドー)」を発売し、世界市場で初めてシェア1位(14.6%)を達成。09年にLEDテレビ、11年にスマートテレビを発売してシェアを高めてきた。

 17年にはQLEDテレビを発売して市場でのリーダーシップを強化。19年に初めてシェア30%を超え(30.9%)、昨年再び記録を更新した。

 同社は過去最高のシェアを達成した要因について、QLEDと超大型テレビに集中した戦略が奏功したと説明した。

 QLEDテレビの販売台数は17年の80万台から18年には260万台、19年には532万台と増加を続け、昨年は779万台を売り上げた。昨年のサムスン電子のテレビ売上高全体に対してQLEDが占める割合は35.5%だった。

 特に2500ドル(約26万円)以上のプレミアムテレビ市場では、サムスンがシェア45.4%で首位の座を守っている。

 また、75型以上で47.0%、80型以上で50.8%と超大型テレビ市場でも圧倒的1位を維持している。

 サムスン電子映像ディスプレー事業部長の韓宗熙(ハン・ジョンヒ)社長は「今後も革新技術を基盤に多様なユーザーのライフスタイルを反映し、皆の持続可能な未来のためにエコ製品を増やすなど『スクリーン・フォー・オール』時代を作っていく」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。