Go to Contents Go to Navigation

コロナワクチン初出荷 「政府を信じ接種に協力を」=韓国首相

記事一覧 2021.02.24 15:07

【ソウル聯合ニュース】英アストラゼネカが開発し、韓国のSKバイオサイエンスが製造を受託した新型コロナウイルス感染症ワクチンが24日、韓国南東部・慶尚北道安東市内の工場から初めて出荷された。

ワクチンの輸送を支援する将兵から敬礼を受ける丁首相(左から2人目)=24日、安東(聯合ニュース)

 丁世均(チョン・セギュン)首相は同工場で開かれたワクチンの出荷式に出席し、ワクチンが物流倉庫に運ばれる過程を点検し、関係者を激励した。

 ワクチンはこの日からの5日間に計78万人分(157万回分)が出荷される。全国の療養型病院と保健所に届けられる。接種は26日に始まる。

 丁首相は出荷式で「コロナに奪われた国民の大切な日常を一日も早く取り戻すことができるようワクチン接種を必ず成功させる。トラックに積まれたワクチンが希望の花を咲かせる種になると期待している」と述べた。

 また、「最近、ワクチンを政治化しようとする動きがあり残念だ」とした上で、虚偽や不正確な情報を広めることがあってはならないと強調。国民に対し、政府を信じてワクチン接種に協力するよう訴えた。

工場を出発するワクチン輸送車両=24日、安東(聯合ニュース)

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。