Go to Contents Go to Navigation

慰安婦は売春婦 米大学教授論文に「日本の影響力示すもの」=韓国団体

社会・文化 2021.02.24 15:10

【ソウル聯合ニュース】米ハーバード大ロースクールのジョン・マーク・ラムザイヤー教授が論文で旧日本軍の慰安婦は「売春婦」だと主張し、物議を醸していることに関し、慰安婦被害者を支援する韓国市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)は24日、「被害者の証言」が最も重要な証拠だと改めて強調した。

ラムザイヤー氏を非難するプラカードを首にかけた水曜集会の参加者=24日、ソウル(聯合ニュース)

 正義連のハン・ギョンヒ事務総長はソウルの日本大使館前で開催した慰安婦問題解決を求める定例の「水曜集会」で、この論文を巡り「30年にわたり積み上げられた証言があり、被害者たちは生きている」とし、慰安婦問題は「人権の問題」だと述べた。「反省していない加害者・日本の論理が、その影響力によって広がっている状況だ」とも指摘した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。