Go to Contents Go to Navigation

現代自EV 世界で8万台超リコール=バッテリー火災の恐れ

記事一覧 2021.02.24 15:37

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車は24日、火災が相次いでいる小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「KONA(コナ)」の電気自動車(EV)モデルなどEV3車種について、世界で8万1701台をリコール(回収・無償修理)すると明らかにした。

充電中に出火した「KONA」(南楊州消防署提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 リコール費用は約1兆ウォン(約950億円)に上るとみられる。

 これに先立ち、国土交通部はLGエナジーソリューションが中国の工場で生産した高電圧バッテリーセルの一部が製造不良によりショートし、出火する可能性が確認されたとして来月29日からリコールを開始すると発表した。

 リコール対象は韓国で「KONA」が2万5083台、「IONIQ(アイオニック)」が1314台、「ELEC CITY(エレクシティー、電気バス)」が302台の計2万6699台。海外ではKONAが5万597台、IONIQが4402台、ELEC CITYが3台の計5万5002台で、合わせて8万1701台となる。

 現代自動車は、バッテリーを製造したLGエナジーソリューションとの負担率を反映して最終的なリコール費用を算出する予定だ。費用は昨年10~12月期の決算に計上される。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。