Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(2月24日)

社会・文化 2021.02.24 18:00

◇新規コロナ感染者440人 3日ぶり400人超

 韓国の中央防疫対策本部は24日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から440人増え、累計8万8120人になったと発表した。市中感染が417人、海外からの入国者の感染が23人だった。1日当たりの新規感染者数は21日(416人)以来、3日ぶりに400人を超えた。

ソウル市内に設置されている臨時検査所。市民が検査の順番を待っている(資料写真)=(聯合ニュース)

◇20年に人口が初の自然減 出生率は過去最低更新

 統計庁が発表した出生・死亡統計(速報値)によると、2020年の出生数は前年比10.0%減の27万2400人で、1970年の統計開始以来で最も少なかった。一方、死亡者数は前年比3.4%増の30万5100人と出生数を上回り、韓国の人口が初めて自然減となった。1人の女性が生涯に産む子どもの推定数である合計特殊出生率は、20年に0.84と統計開始以来の最低を更新した。

◇コロナワクチン初出荷 首相「政府を信じ接種に協力を」

 英アストラゼネカが開発し、韓国のSKバイオサイエンスが製造を受託した新型コロナウイルス感染症ワクチンが、韓国南東部・慶尚北道安東市内の工場から初めて出荷された。丁世均(チョン・セギュン)首相は「最近、ワクチンを政治化しようとする動きがあり残念だ」とした上で、虚偽や不正確な情報を広めることがあってはならないと強調。国民に対し、政府を信じてワクチン接種に協力するよう訴えた。

◇サムスンが15年連続テレビ世界1位 シェア過去最高の31.9%

 サムスン電子が、世界テレビ市場で15年連続シェア1位を記録した。英調査会社オムディアが発表した統計によると、サムスン電子は2020年の世界テレビ市場で過去最高となるシェア31.9%(売上高ベース)を占めた。昨年10~12月期のシェアは31.8%だった。同社は、QLEDと超大型テレビに集中した戦略が奏功したと説明した。

◇現代のEV3種2万6千台リコール バッテリー製造不良

 国土交通部は、現代自動車の小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「KONA(コナ)」の電気自動車(EV)モデルで相次いでいる火災の原因はバッテリーセルの製造不良によるショートの可能性が高いとして、同社が製造・販売したEVの3車種2万6699台をリコール(回収・無償修理)の対象にすると発表した。

◇政府 学校運動部での暴力根絶策発表

 プロスポーツ選手から過去に受けた校内暴力を告発する動きが広がっている中、文化体育観光部と教育部は社会関係長官会議を開き、「学校運動部での暴力根絶およびスポーツ人権保護システム改善策」を議決した。これにより、校内暴力の加害者の生徒・学生は選手選抜や大会への参加などが制限される。文化体育観光部傘下のスポーツ倫理センターは来月から4月まで通報を受け付け、調査に着手する予定だ。

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。