Go to Contents Go to Navigation

韓国・イラン外相が電話会談 タンカー抑留・凍結資産問題など協議

記事一覧 2021.02.24 21:12

【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官は24日午後、イランのザリフ外相と電話会談した。

鄭義溶氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 外交部によると、会談では両国関係の発展、拡大策などについて幅広い意見交換が行われた。

 特に鄭氏は、イランの革命防衛隊が先月、ホルムズ海峡付近を航行中の韓国船籍のタンカーを拿捕(だほ)し、同船に乗っていた韓国人5人を含む20人を拘束した問題について、抑留が続く韓国人船長と船舶を早期に引き渡すよう要請した。

 また韓国内で凍結されているイランの資産と関連し、ザリフ氏が問題の早期解決を要請したことに対し、「政府が誠意を持って最善の努力をしている」と説明した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。