Go to Contents Go to Navigation

韓国次官 パンデミック備えた国際社会の共同対応強調

記事一覧 2021.02.25 09:52

【ソウル聯合ニュース】韓国の崔鍾文(チェ・ジョンムン)外交部第2次官は24日(現地時間)、国連人権理事会ハイレベル会合に合わせて開かれた多国間主義に関する会合で、デジタル革命や気候変動、新型コロナウイルスのようなパンデミック(世界的な大流行)に備えるためには一層強力な共同対応が必要と強調した。

会合で発言する崔氏(外交部提供)=(聯合ニュース)

 会合はオンライン形式で行われた。

 崔氏はデジタル技術が人権に与えるプラスの側面を最大化するため、利害関係者の緊密な協力が重要と指摘。韓国政府が2019年から主導してきた決議「新技術と人権」について紹介し、追加決議に対する支持を要請した。同決議はデジタル新技術が人権に与える影響に関する内容を盛り込んでいる。

 ドイツ外務省主催で開かれた会合には約30カ国の代表らが出席した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。