Go to Contents Go to Navigation

ワクチンを全国に輸送 26日から接種開始=韓国

記事一覧 2021.02.25 11:20

【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルスワクチンの接種開始を翌日に控えた25日午前、ソウル郊外の京畿道利川市の物流センターで英アストラゼネカのワクチン輸送作業が始まった。ワクチンは韓国のSKバイオサイエンスが受託製造し、南東部・慶尚北道安東市内にある同社の工場で24日に出荷された。

ワクチンを積み、物流センターを出発するトラック=25日、利川(聯合ニュース)

 この日午前5時50分、ワクチンを積んだ1台目のトラックが警察と軍の警護を受けながら物流センターを出発した。

 当初の計画では同7時にトラック55台の出発が完了する予定だったが、2時間以上遅れた。疾病管理庁は「初めての輸送のため、ワクチンの流通会社が徹底的に確認し、慎重に処理した」と説明した。

 一方、南部の済州島に運ばれるワクチン1950人分(3900回分)は24日午後、物流センターを出発し、南西部の木浦港でカーフェリーを利用して同島に向かう予定だったが、適正な保管温度を超えたことが確認され、全量を回収し再輸送された。

 アストラゼネカのワクチンの輸送は28日まで行われる。計78万5000人分(157万回分)が約1900カ所に運ばれる。

済州島に到着したワクチン=25日、済州(聯合ニュース)

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。