Go to Contents Go to Navigation

政策金利を年0.5%で据え置き 景気の不透明感なお強く=韓国中銀

記事一覧 2021.02.25 11:24

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)は25日、定例の金融通貨委員会を開き、政策金利を年0.5%で据え置いた。昨年7月以降、6回目の据え置き。このところ金融市場が比較的安定していること、不動産や株式など資産市場に過熱感があることなどを踏まえ、追加利下げの必要性は高くないと判断したようだ。

金融通貨委員会を主宰する李柱烈・韓国銀行総裁(資料写真、韓銀提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国銀行は昨年3月、新型コロナウイルスの感染拡大により景気減速が予想されるとして政策金利を年1.25%から過去最低の0.75%に引き下げた。5月にはさらに0.25%利下げした。その後は据え置きが続いている。

 景気回復の行方は依然として不透明だ。昨年11月から新型コロナウイルス流行の「第3波」に見舞われ、政府の防疫対策「社会的距離の確保」のレベルが引き上げられたことが響いた。インフレ圧力などに先回りして対応しようと利上げに動けば、消費や投資を萎縮させかねない。

 韓銀の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は今月22日、「最近の輸出の好調などで国内経済が緩やかに回復傾向を示しているものの、コロナの状況により成長過程での不確実性はなお高い」とし、経済回復を下支えできるよう緩和的な金融政策を運用する考えを示した。

 学界やシンクタンク、債券市場の専門家も、多くが据え置きを予想していた。

 ソウル大のキム・ソヨン教授(経済学)は「景気は十分に回復しておらず、据え置き以外の方法はないだろう」とし、自営業者など幅広い層で新型コロナの打撃続いていることにも言及した。

 大信証券のコン・ドンラク研究委員は「今は異論の余地なく、景気が正常化するまでは緩和方向を維持しなければならない時だ」と述べた。

 現行の0.5%の政策金利が実効下限に達しているという指摘も、追加利下げをしにくくする要因の一つだ。0.25%に引き下げた場合、米国の政策金利の上限と並ぶことになり、外国人投資家の資金引き揚げなどが懸念される。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。