Go to Contents Go to Navigation

韓国高官 北朝鮮政策巡り米国務次官補代行と電話協議

記事一覧 2021.02.25 12:17

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部で北朝鮮問題を担当する魯圭悳(ノ・ギュドク)朝鮮半島平和交渉本部長は25日、米国務省のソン・キム次官補代行(東アジア・太平洋担当)と電話協議を行った。

韓国外交部の魯圭悳・朝鮮半島平和交渉本部長(同部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国外交部によると、両氏は米国の対北朝鮮政策を巡り、緊密な連携が行われていることを評価し、朝鮮半島の非核化と恒久的な平和定着に進展をもたらすための両国の協力策について意見交換した。また、各レベルで緊密な協議を続けることで一致した。

 両氏は国連人権理事会で議論する北朝鮮非難決議についても協議したとみられる。トランプ前政権は北朝鮮の人権問題に大きな関心を示さず、2019年と20年に採択された決議にも参加しなかったが、バイデン政権は北朝鮮の人権問題を重視する方針を明らかにしている。

 北朝鮮の非核化を巡る米朝対話の早期再開を目指す韓国政府としては米朝が人権問題で衝突する状況は避けたいため、北朝鮮非難決議を巡っても米国と緊密に協議するとみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。