Go to Contents Go to Navigation

コロナワクチン「接種第1号」指定せず 全国で同時に開始=韓国当局

記事一覧 2021.02.25 14:37

【ソウル聯合ニュース】韓国の疾病管理庁は25日、国内で26日から始まる新型コロナウイルスワクチンの接種に関し、特定の個人を「接種第1号」として指定せず、全国で同時に接種を開始すると発表した。26日午前9時に全国で同時に始まるワクチン接種を受ける療養型病院や療養施設の65歳未満の入院・入所者、従事者がみな最初の接種者になると説明している。

光州の保健所で、26日からの接種を前にアストラゼネカのワクチンを確かめる防疫関係者=25日、光州(聯合ニュース)

 疾病管理庁は初日の接種の様子を一部公開する。26日午前9時からソウル市道峰区の保健所で療養施設の従事者60人ほどが英アストラゼネカのワクチンの接種を受けることになっており、この従事者らが全国に公開される「最初の接種者」となる格好だ。

 同庁が接種第1号を決めなかったことを巡っては、政界での論争を意識したとの見方もある。野党からは、アストラゼネカのワクチンに対する国民の不安を解消するため文在寅(ムン・ジェイン)大統領が最初に接種を受けるべきだとの声も出ていた。

 新型コロナワクチンの接種第1号を決めないケースは見当たらない。韓国より先に接種を開始した国の接種第1号は、医療従事者、高齢者、国のトップなどさまざまだった。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。