Go to Contents Go to Navigation

32年五輪の南北共同招致 「努力続ける」=韓国政府

記事一覧 2021.02.25 15:23

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は25日、国際オリンピック委員会(IOC)が2032年夏季五輪・パラリンピックの最優先候補地としてオーストラリアのブリスベンを選定したことに関連し、韓国・ソウルと北朝鮮・平壌による同大会の共同招致は難しくなったが、引き続き努力するとの立場を示した。

2018年の平昌冬季五輪開会式で合同入場する南北選手団(資料写真)=(聯合ニュース)

 同部の当局者はこの日、「政府は南北間の合意事項が履行されるよう、可能な努力を続ける」と述べた。

 南北首脳は18年9月の「平壌共同宣言」で、32年の夏季五輪を南北共同で招致するため協力すると表明した。

 この当局者は、五輪の共同開催に向けて良い状況ではないとしながらも、「開催地が最終確定したわけではなく、政府はIOCとの交渉過程を見守りながら関連官庁と協議していく」と説明した。

 IOCとオーストラリアは今後、本格的な協議を行い、IOC総会での投票で承認されればブリスベンが開催地として最終確定する。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。