Go to Contents Go to Navigation

サッカー元韓国代表が小学時代にわいせつ行為強要? 本人は否定

記事一覧 2021.02.26 11:12

【ソウル聯合ニュース】韓国で男性2人が小学生時代の2000年、サッカー元韓国代表のMF奇誠庸(キ・ソンヨン)選手(32)にわいせつ行為を強要されたと主張した問題が波紋を広げている。奇選手は関連事実を否定し、法的措置を取る考えを明らかにした。

奇誠庸選手(資料写真)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 2人は24日、弁護士を通じ、サッカー部の先輩だった2人からわいせつ行為を強要されたと主張。2人のうち1人は元韓国代表のスター選手だと説明した。報道が出た後、この選手は奇選手だとの憶測が広がったため、奇選手のマネージメント会社は関連事実を否定し、厳しく対応する方針を示した。

 奇選手は25日、自身のSNS(交流サイト)に「報道内容は私と無関係だ。決してそのようなことはなかった。私のサッカー人生をかける」と反発。「事実ではないため問題にならないと思ったが、サッカー人生と家族の人生まで脅かす深刻な事案であることに気付いた。座視せず、積極的に対応する」と投稿した。

 これに対し、2人の弁護士は「(2人が)直接的に経験していないと分からないことまで詳細に記憶している」と再び主張した。

 一方、インターネット掲示板でこの2人が中学生時代、わいせつ行為を強要した加害者だったと主張する書き込みがあったことについて、2人の弁護士は「すべてのことを認め、被害者に謝罪する」としながらも、今回の問題の本質ではないと主張した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。