Go to Contents Go to Navigation

韓国で新型コロナワクチンの接種開始 文大統領が視察

記事一覧 2021.02.26 10:39

【ソウル聯合ニュース】韓国で26日午前、療養型病院や療養施設の65歳未満の入院・入所者、従事者を対象に新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。接種には英製薬大手アストラゼネカのワクチンが使われる。文在寅(ムン・ジェイン)大統領はソウル市内の麻浦区保健所を訪れ、接種状況を視察した。

ワクチンの接種を見守る文大統領(左から2人目)=26日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領は接種開始前に保健所に到着。鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理庁長から接種計画について報告を受けた。

 その後、ワクチンの接種を受ける様子を見守り、ワクチンの準備室などを視察した。

 青瓦台(大統領府)は「現場訪問は予防接種に献身する保健所の職員を激励し、国民に対して迅速に接種を受けるよう呼び掛ける趣旨で行われた」と説明した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。