Go to Contents Go to Navigation

新駐韓日本大使の相星氏 隔離終え外務次官と面会

韓日関係 2021.02.26 11:52

【ソウル聯合ニュース】相星孝一・駐韓日本大使が26日、ソウルの外交部庁舎を訪れて信任状の写しを提出し、崔鍾建(チェ・ジョンゴン)同部第1次官と面会した。

相星孝一氏=(共同=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 着任後、韓国政府の高官と面会したのは初めて。相星氏は今月12日に韓国に到着し、新型コロナウイルスの防疫措置に従い2週間、自主隔離していた。

 相星氏は15日、在韓日本大使館のホームページに掲載した着任あいさつで「日韓両国は双方の国民がそれぞれの政治、経済、社会、文化に高い関心を有する重要な隣国同士」とし、「この地域の安定のためには日韓・日米韓の連携が不可欠だ」と強調した。

 相星氏は今後、青瓦台(大統領府)との調整を経て文在寅(ムン・ジェイン)大統領に信任状を奉呈する。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。