Go to Contents Go to Navigation

韓国裁判所 独立運動記念日の集会禁止処分を維持

記事一覧 2021.02.26 19:32

【ソウル聯合ニュース】日本による植民地支配に抵抗して1919年に起きた独立運動の記念日「三・一節」に当たる3月1日に集会を開く予定だった韓国の団体が新型コロナウイルスの防疫を理由に集会を禁じる処分が下されたことに反発し、処分の効力停止を求めた申し立てが認められなかった。

ソウル・光化門広場に設置された集会禁止を知らせる案内板=26日、ソウル(聯合ニュース)

 ソウル行政裁判所は26日、自由大韓護国団と4・15不正選挙国民闘争本部がソウル市と保健福祉部による集合禁止処分の執行停止を求めた申し立てを棄却した。また、ソウル市による処分の執行停止を求めた自由と人権研究所の申し立てを棄却し、基督自由統一党の申し立てを却下した。

 裁判所の決定により処分の効力は維持される。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。