Go to Contents Go to Navigation

コロナ時代に「住みやすい国」 韓国8位に上昇=日本9位

社会・文化 2021.03.01 09:55

【ソウル聯合ニュース】米ブルームバーグ通信が1日までに集計した新型コロナウイルス感染症対策を効果的に実施している「住みやすい国」の今年2月のランキングで、韓国は53カ国・地域のうち8位だった。前月から4ランクアップした。

釜山の保健所でワクチン接種後、副反応に備えて待機する療養施設の従事者や入所者(写真共同取材団)=(聯合ニュース)

 人口10万人当たりの感染者数、致死率、人口100万人当たりの死者数、ワクチンの確保率と人口100人当たりの接種者数、経済成長率見通しなど、11項目を基に順位を決めている。

 韓国はランキングが初めて発表された昨年11月は4位だったが、以降は8位(12月)、12位(今年1月)と下落を続け、2月に初めて上昇に転じた。

 上昇の背景には感染者増加ペースの鈍化とワクチン確保の成果があったとみられる。ブルームバーグが集計した韓国の人口10万人当たりの感染者数は1月の40人から2月は25人に減少し、人口比のワクチン確保率は90%から135%に上昇した。

 1位はニュージーランドで、オーストラリア、シンガポール、フィンランド、ノルウェー、中国、台湾と続いた。日本は韓国に次ぐ9位。

tnak51@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。