Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 核施設の稼働継続=IAEA

記事一覧 2021.03.02 09:46

【ソウル聯合ニュース】国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は1日に開かれた定例理事会で、北朝鮮の実験用軽水炉で昨年末に実施された冷却水施設試験を含め、内部工事を続けている証拠が見つかったと明らかにした。

グロッシ氏=(聯合ニュースTV)

 ただ、現段階では寧辺で濃縮ウランを生産しているという兆候はないとした上で、「(平壌付近の)降仙では(核関連)活動が行われている」と述べた。

 また、北朝鮮が5メガワットの原子炉を稼働している動きはないが、放射化学実験室で使われる火力発電所を運営していると報告した。その上で、「北朝鮮の核活動は依然としてIAEAの深刻な懸念として残っている」とし、「北の核計画の継続は国連安全保障理事会の決議に明白に違反するもので、実に遺憾だ」と述べた。

 グロッシ氏は昨年9月にも北朝鮮が降仙でウランを濃縮している可能性があると指摘していた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。