Go to Contents Go to Navigation

ソウルでのコロナワクチン接種 順調な滑り出し

記事一覧 2021.03.02 13:33

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル市で、先月26日に始まった新型コロナウイルスワクチンの接種が順調に進んでいる。

ワクチン接種の様子=2日、ソウル(聯合ニュース)

 同市が2日に公開した市内での接種状況によると、開始からの4日間に第1段階の接種対象者のうち2929人が1回目の接種を受けた。現在、国内で使用されているワクチンはいずれも2回の接種が必要だ。

 内訳は療養型病院の入院者・従事者1638人(接種率9.7%)、療養施設の入所者・従事者517人(同6.7%)、新型コロナ患者受け入れ病院の従事者ら772人(同5.7%)など。

 ワクチン接種による副反応疑いの報告は15件あり、いずれも予防接種後に起きる可能性のある頭痛、発熱、吐き気、嘔吐など軽微なものだった。

 同市はインフルエンザの流行が始まる前の10月末までに、3段階に分けて計約606万人に対する接種を終える計画だ。これは18歳以上のソウル市民の7割以上に相当する。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。