Go to Contents Go to Navigation

韓米の安保担当高官が電話協議 非核化巡る緊密連携確認

記事一覧 2021.03.02 16:18

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の徐薫(ソ・フン)国家安保室長は2日、米国のサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)と電話協議を行い、朝鮮半島情勢や米国の対北朝鮮政策の検討状況について議論した。韓国青瓦台(大統領府)の康珉碩(カン・ミンソク)報道官が記者会見で明らかにした。

徐薫氏(青瓦台提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 両氏は朝鮮半島の非核化と恒久的な平和定着のため、今後も緊密に連携することで一致。新型コロナウイルスの防疫協力、地域とグローバルな課題について議論したほか、両国が共通の価値に基づき、同盟関係を一層強化することにした。

 また、両国の国家安全保障会議(NSC)などが緊密な意思疎通を行っていることを評価。早期の対面協議実施でも意見が一致した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。