Go to Contents Go to Navigation

SK・現代自・ポスコなど 「水素経済」に4.1兆円投資へ=韓国

経済 2021.03.02 17:05

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は2日、第3回水素経済委員会を開き、民間投資計画や政府の支援策などについて協議した。

ソウル市内の水素ステーション(資料写真)=(聯合ニュース)

 SKグループ、現代自動車グループ、ポスコグループ、ハンファグループ、暁星グループの5企業グループと中小・中堅企業が2030年までに水素の生産、流通・貯蔵、活用など水素経済の全分野に43兆3000億ウォン(約4兆1120億円)を投資する。

 SKは大規模な液化プラント構築や燃料電池発電所などに18兆5000億ウォン、現代は燃料電池車の設備投資と研究開発(R&D)、水素ステーションの設置などに11兆1000億ウォン、ポスコは水素還元製鉄の開発などに10兆ウォン、ハンファはグリーン水素の生産などに1兆3000億ウォン、暁星は液化水素プラント構築などに1兆2000億ウォンをそれぞれ投資する計画だ。中小・中堅企業も家庭用燃料電池やグリーン水素のR&Dなどに1兆2000億ウォンを投資する。

 政府はこれら企業の投資の成果が出るよう制度的に支援する方針だ。

 委員会を主宰した丁世均(チョン・セギュン)首相は「政府も水素経済の基本となる安価な水素の供給に向けて液化水素の生産、運送、活用を一括で支援するシステムを構築する」と述べた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。