Go to Contents Go to Navigation

現代自の2月販売台数 6.7%増の30万台=起亜は21万台

記事一覧 2021.03.02 17:09

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車は2日、2月の世界販売台数が前年同月比6.7%増の30万248台だったと発表した。子会社・起亜は同7.0%増の21万177台だった。昨年2月は新型コロナウイルスの影響で生産に支障が出たのに加え、販売が落ち込んでいた。

現代自動車「グレンジャー」のハイブリッドモデル(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 現代の国内販売は32.6%増の5万2102台、海外販売は2.5%増の24万8146台だった。

 国内市場でのセダン販売は「グレンジャー」が8563台など15.5%増の1万7915台。多目的レジャー車(RV)は「ツーソン」が5869台など62.5%増の1万5628台だった。

 高級車ブランド「ジェネシス」の3モデルの販売は129.4%増の7321台と急増した。

 現代の関係者は、電気自動車(EV)専用プラットフォーム(車台)を初めて採用した新EV「アイオニック(IONIQ)5」とジェネシスのグローバル市場攻略のため最善を尽くすとの方針を明らかにした。

 起亜の国内販売は31.0%増の3万7583台、海外は2.9%増の17万2594台だった。

 世界市場での販売トップはスポーツタイプ多目的車(SUV)「スポーテージ」(2万6790台)、国内ではRVの「カーニバル」(6153台)だった。

 起亜の関係者は「新型コロナウイルスで経営の不確実性が大きくなっているが、次世代EVや(大型セダン)『K8』、5代目スポーテージなど競争力のある新車を通じ、新成長エンジンへの大転換を成し遂げる」と述べた。

ジェネシスの「GV70」(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫
起亜の4代目「カーニバル」(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。