Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(3月2日)

記事一覧 2021.03.02 18:00

◇小規模事業者など690万人に最大50万円 雇用27万人創出へ

 政府が新型コロナウイルスの感染拡大で経営が悪化した小規模事業者など690万人を対象に、最大500万ウォン(約50万円)の災難(災害)支援金を給付する。未曽有の雇用危機で大きな打撃を受けた若者や女性、中年層のため、27万5000人の雇用も創出する。政府は2日、こうしたコロナ支援対策を盛り込んだ2021年度(1~12月)補正予算案を閣議決定した。

閑散としたソウルの繁華街、明洞(資料写真)=(聯合ニュース)

◇新規コロナ感染者 3日連続300人台

 中央防疫対策本部は、2日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から344人増え、累計9万372人(訂正後)になったと発表した。市中感染が319人、海外からの入国者の感染が25人だった。1日当たりの新規感染者数は前日(355人)から11人減り、3日連続で300人台にとどまった。1日まで3連休だったため、平日に比べ検査件数が少なかった影響もある。週単位の感染者の発生パターンからすると、週後半の推移を見守る必要がありそうだ。

◇各地で感染続く 外国人の集団感染も

 新型コロナウイルスの流行の「第3波」が続く中、全国各地で感染者が続出している。京畿道東豆川市に住む外国人全員を対象に検査を行った結果、約80人の感染が確認され、保育園や知人との集まりでのクラスター(感染者集団)の発生も判明した。大規模事業場などこれまでに発生した集団感染に関連する新たな感染者も相次いでいる。忠清南道牙山市の大手ボイラーメーカーの工場では接触者の検査で新たに5人の感染が確認され、これまでに従業員や家族、知人など計203人の感染が分かった。

◇コロナワクチン 4日間で計2万人超に接種

 新型コロナウイルスのワクチン接種が始まってから4日目となる1日、全国で1442人が接種を受けたと集計された。先月26日からの4日間に接種を受けたのは計2万3086人で、第1段階の接種対象者(36万6489人)に対して接種率は6.3%となった。韓国の人口(約5200万人)に対する接種率は0.04%。

◇ワクチンの安全性 文大統領「政府が責任取る」

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は閣議で、新型コロナウイルスのワクチンについて、「どのようなワクチンであれ、ワクチンの安全性を政府が約束し、責任を取る」として、「政界とメディアも国民の不安をあおる偽ニュースを警戒しながら安定的なワクチン接種のため積極的に協力してほしい」と呼び掛けた。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。