Go to Contents Go to Navigation

アストラゼネカのワクチン 高齢者への接種検討指示=韓国首相

記事一覧 2021.03.03 10:42

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は3日、新型コロナウイルス感染症対応を話し合う中央災難(災害)安全対策本部の会議で、英アストラゼネカのワクチンについて、「高齢層にも効果があるという新しい研究結果が公開された」とし、高齢者への接種を検討するよう指示した。

中央災難安全対策本部の会議で発言する丁首相=3日、ソウル(聯合ニュース)

 また、「ドイツも65歳以上に接種を拡大することを検討しており、フランスは74歳まで拡大した」として、「韓国は65歳以上へのアストラゼネカのワクチン接種を見合わせているが、各国の政策に変化があるため、専門家の意見を集めてほしい」と述べた。

 一方、丁首相はラジオ番組に出演し、「11月までに集団免疫を獲得するというスケジュールに支障はない」と表明。国内企業が生産した特殊注射器に関しては「米国、日本にも輸出される見通しだ」と伝えた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。