Go to Contents Go to Navigation

アストラゼネカのワクチンで重い副反応2件 韓国で初確認 

記事一覧 2021.03.03 10:18

【水原聯合ニュース】韓国の京畿道は3日、国内で新型コロナウイルスワクチンの接種が始まって5日目となる2日、同道で重症以上の副反応の報告が2件あったと明らかにした。

新型コロナワクチン接種後に重い副反応の報告があった=(聯合ニュースTV)

 先月26日にワクチンの接種が始まってから、重症以上の副反応の報告があったのは初めて。

 京畿道保健当局の関係者によると、道内の療養型病院2カ所で英製薬大手アストラゼネカのワクチンの接種を受けた50代の男性1人と60代の男性1人について、接種後に血圧低下、全身の無力感などの症状が確認された。現場で措置を行った後、近くの病院に運ばれたが、現在は回復しているという。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。