Go to Contents Go to Navigation

文大統領 アストラゼネカのワクチン接種か=今月末にも

記事一覧 2021.03.04 16:58

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の関係者は4日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の新型コロナウイルスワクチンの接種について、「文大統領は快く英アストラゼネカのワクチンを接種するという立場」だと明らかにした。

文大統領=(聯合ニュース)

 同関係者は「米ファイザーのワクチンは新型コロナ関連の医療従事者が接種するため、文大統領はアストラゼネカのワクチンを接種する可能性が高い」と説明した。疾病管理庁は公務などで出国する場合を除き、ワクチンの選択権を与えない方針であるため、文大統領もワクチンを選択せずに接種する意向を示したものと受け止められる。

 また、青瓦台が文大統領のワクチン接種についてあらかじめ姿勢を明らかにしたのは、アストラゼネカ製ワクチンに対する不安を解消するためとみられる。韓国では前日、同社のワクチン接種後の死亡例が初めて報告された。

 青瓦台は、文大統領がワクチンを接種する時期について、6月に開かれる予定の主要7カ国(G7)首脳会議の日程を考慮して決定すると説明した。アストラゼネカのワクチンは8週間の間隔を空けて2回接種するため、文大統領は今月末ごろには接種すると予想される。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。