Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子 寒波被害の米テキサス州に100万ドル寄付

記事一覧 2021.03.05 09:35

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子は5日、米テキサス州中北部で地域活動を行う団体に100万ドル(約1億800万円)を寄付すると発表した。テキサス州は先月、記録的な寒波で大規模な停電が発生するなど甚大な被害に見舞われている。同州オースティンにあるサムスン電子の半導体ファウンドリー(受託生産)工場も同月中旬に電力供給が数日停止した影響で、今も操業を停止したままだ。

テキサス州では停電、断水が起き、飲み水と食料も不足している=(聯合ニュースTV)

 サムスン電子の寄付金は水と食料の供給、住宅の修理、保健サービスなどの支援に用いられる。北米事業を総括する崔景植(チェ・ギョンシク)副社長は「この寒波で苦境に直面する住民を支えるため、寄付を決めた。地域のパートナーと協力しながら速やかに支援する」と述べた。

 サムスン電子は昨年も、新型コロナウイルスの感染拡大に苦しむ地域社会に貢献しようと米国の非営利団体に400万ドル以上を寄付している。

 一方、オースティン工場は電力と水を確保したものの、操業再開にはこぎつけていない。再開は今月末、最悪の場合は来月中旬にまでずれこむとの見方もある。同工場が生産を停止するのは1998年の設立後初めて。

 サムスン電子は、オースティン工場近くでの新たな半導体工場設置に向けた投資も検討している。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。