Go to Contents Go to Navigation

ソウルでコロナワクチン接種後初の死亡事例 60代男性

記事一覧 2021.03.05 16:10

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル市は5日、新型コロナウイルスワクチンの接種後に死亡した事例が1件報告されたと発表した。同市での初の死亡事例となる。

ソウル市恩平区でのワクチン接種の様子(同区提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 死亡したのは療養型病院に入院していた60代の男性。2日に英アストラゼネカのワクチンの接種を受け、54時間後の4日夜に亡くなった。市は疫学調査を実施中で、5日のうちに疾病管理庁や民間の専門家と会議を開いて死亡とワクチン接種の因果関係を評価する予定だ。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。