Go to Contents Go to Navigation

ソウル・光化門広場の西側道路閉鎖 交通渋滞に不満続出

記事一覧 2021.03.08 13:43

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市中心部にある光化門広場の工事に伴い、広場を挟み南北に走る世宗大路の西側の道路が6日から閉鎖された。代わりに拡張された東側道路が上下線通行となっているが、最初の平日となった8日午前、一帯は渋滞した。ドライバーだけでなく、バスの利用者や歩行者からも不満の声があがった。

光化門広場を挟む世宗大路。西側の道路(写真左側)を閉鎖して工事をしている。東側道路(同右側)が上下線通行に切り替えられた=8日、ソウル(聯合ニュース)

 市は、広場の東側と西側で上下線を分けている道路を東側にまとめ、西側の道路を広場につくりかえる計画だ。まず東側道路の車線を増やした後、西側の工事に着手した。

 上下線全体の車線数は以前より減少した。市は渋滞対策として、周辺の主要交差点に左折レーン(韓国は右側通行)を新設したり信号機の表示時間を調整したりした。だが、週明けの8日朝、一帯は渋滞した。今回の変更にまだ慣れないこともあり、通勤の市民は一苦労した様子だ。

 朝早く客を乗せて世宗大路を通ったというタクシー運転手は「ひどく混んでいた」とし、信号機を調整してもさほど役に立っていないと指摘した。ある市民ドライバーは「工事中の広場を避けようと脇道に入ったところ、道幅が狭くて走りにくかった」とこぼした。また、「光化門(広場)を何度つくり直すことやら。新市長が選ばれれば、また変更するのではないのか」と話した。

 西側道路沿いの世宗文化会館前にあったバス停は、すべて東側へ60~70メートルほど移動された。このバス停で乗り換えるという市民は「広場に着くまでも普段より長い時間がかかった。ほかに方法がないので慣れるしかないが、不便なのは確かだ」とあきらめ口調だった。

 広場周辺では歩道の整備も進められている。通勤途中の市民は「あちこち道がふさがれているし、広場を横切る横断歩道が途切れている場所もあり、分かりづらい。案内があちこち設置されているとはいえ、当分は不便を感じそうだ」と話した。

広場に通じる社稷路。朝の通勤時間帯、広場に向かう方向が混み合っている=8日、ソウル(聯合ニュース)
東側の道路沿いでは歩道の整備が行われている=8日、ソウル(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。