Go to Contents Go to Navigation

新型コロナ ワクチン接種後の感染確認が3人に=韓国当局

記事一覧 2021.03.08 18:19

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は8日の定例会見で、1回目のワクチン接種を終えた後に新型コロナウイルスへの感染が確認されたケースがこれまでに3人いると明らかにした。

ワクチン接種を終えた後に新型コロナへの感染が確認されたケースが3例になった(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 国立中央医療院の看護師2人が接種後に感染したことが明らかにされていたが、そのほかに1人いたことになる。この1人についての詳細は公開されなかった。

 中央防疫対策本部はこの3人の感染経路について、「接種後、免疫が形成される前(感染源に)接触して感染した可能性があり、接種前に感染していた可能性もある」とし、「(以前に)報告された事例や根拠を基にみれば異例の状況ではない」と説明した。

 接種後に感染した事例がさらにある可能性については、「ワクチン接種者の情報と感染者の情報を比較し、その規模がどの程度になるか判断する」と説明した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。