Go to Contents Go to Navigation

韓国与党の李洛淵代表きょう退任 大統領選1年後に控え

記事一覧 2021.03.09 08:40

【ソウル聯合ニュース】 韓国与党「共に民主党」の李洛淵(イ・ナギョン)代表が9日に同職から退く。党では代表や最高委員が大統領選に出馬する場合、選挙の1年前までに辞任するよう定めているため。5月の党大会で新代表を選出するまで、金太年(キム・テニョン)院内代表による代表権限代行体制となる。

共に民主党の李代表(手前)と金院内代表(右、資料写真)=(聯合ニュース)

 前首相の李氏は次期大統領の有力候補の一人。昨年8月29日に党代表に選出された。執行部の任期は2年だが、大統領選に関わる党の規定を受け、代表を退く。次期大統領選は2022年3月9日実施。

 李氏はこの日、代表としての日程をこなした後、退任にあたっての記者懇談会と党のユーチューブ公式チャンネルのライブ配信で所感を述べる予定だ。

 今後も常任選挙対策委員長や「加徳島新空港推進特別委員会」委員長などを担い、党の第一線で活動する。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。