Go to Contents Go to Navigation

在韓米軍駐留経費 「6年間有効な合意に到達」=米国務省

記事一覧 2021.03.09 12:02

【ワシントン聯合ニュース】米国務省は8日、在韓米軍駐留経費の韓国側負担を決める交渉について、韓国と米国が6年間有効な合意に至ったと発表した。同省のプライス報道官は記者会見で、両国は署名と発効に向け、協定の仕上げに必要な最終手続きを共に進めていると伝えた。

米ワシントンで行われた在韓米軍駐留経費を巡る韓米協議の様子(外交部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 プライス氏は「両国双方に利益になる合意だということが近いうちに分かるだろう」と述べるにとどめ、具体的な期間や韓国の負担の引き上げ率など合意の詳細については言及しなかった。

 駐留経費の負担割合を定める協定は2019年末から期限切れとなっていた。韓米は20年3月、20年の韓国側負担額を19年比で約13%引き上げる案に暫定合意したが、当時のトランプ米大統領が大幅な引き上げ要求を譲らず、最終合意に至らなかった。

 だが、同盟を重視するバイデン大統領が今年1月に就任すると交渉は急進展。韓国外交部は今月7日(米現地時間)、米国での3日間の協議の末、「原則合意」に至ったと交渉妥結を公表した。両国とも、合意の詳しい内容についてはまだ発表していない。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。