Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子 昨年の研究開発費が過去最大

記事一覧 2021.03.09 20:49

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子が昨年、計38兆ウォン(約3兆6300億円)を超える設備投資を行った。研究開発(R&D)費は20兆ウォンを超え、過去最大の水準を記録した。

ソウル市内にあるサムスン電子の社屋(資料写真)=(聯合ニュース)

 また米国の中国・華為技術(ファーウェイ)に対する制裁の影響で、サムスン電子の主な得意先からファーウェイが外れた。

 サムスン電子が9日に公開した2020年の事業報告書によると、同社の昨年の設備投資額は計38兆5000億ウォンで、前年より11兆6000億ウォン増加した。

 これは半導体が好調だった2017年に記録した43兆4000億ウォンに次いで多い。半導体に計32兆9000億ウォン、ディスプレーに3兆9000億ウォン、そのほかの施設に1兆7000億ウォンが投じられた。

 半導体メモリーは、先端工程への転換と増設で投資が増え、半導体の委託生産は極端紫外線(EUV)技術を活用した回路線幅5ナノ(ナノは10億分の1)メートル以下の製品の工程を中心に投資額が拡大した。

 昨年の研究開発費は前年より1兆ウォン増えた計21兆2000億ウォンが投じられ、過去最大の水準を記録した。

 売上額に対する研究開発費の割合も2017年の7.0%から18年は7.7%、19年は8.8%、昨年は9.0%と増加傾向を示した。

 昨年、サムスン電子の販売先の上位5社は、米アップル、米家電量販大手ベストバイ、ドイツ通信大手ドイツテレコム、香港テクトロニクス、米通信大手ベライ ゾン・コミュニケーションズで、5社で全体の売上額の14%を占めた。

 ファーウェイは米国の制裁の影響で、昨年9月から半導体などの部品供給を中止し、昨年の上位5社から外れた。

 コロナ禍にありながら、国内の社員数は過去最大レベルの計10万5257人と集計された。設備投資が拡大し半導体を中心に前年より増加した。

 サムスン電子のDRAMのシェアは昨年金額ベースで43.1%となり、19年(43.7%)より小幅減少した。

 ただ新型コロナ感染拡大による巣ごもり需要で、テレビのシェアは31.9%を記録し、前年(30.9%)より増えた。

 携帯電話はシェア(台数ベース)が19年の17.5%から昨年16.2%に下がった。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。