Go to Contents Go to Navigation

アストラゼネカ製ワクチン 接種加速へ2回目用を前倒し投入か=韓国

記事一覧 2021.03.10 10:03

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は英製薬大手アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの接種ペースを上げるため、2回目接種用に確保しているワクチンを前倒しで投入することを検討しているようだ。

新型コロナウイルスワクチンの接種が進んでいる=(聯合ニュースTV)

 青瓦台(大統領府)の康珉碩(カン・ミンソク)報道官は10日、ワクチンの需給や在庫状況を踏まえながら、多くの国民が迅速に接種できるようにするという共通認識が政府内にあると記者団に説明した。

 韓国でアストラゼネカ製ワクチンの1回目接種は2月末に始まった。8週間隔で2回接種するため、国内での2回目接種は4月末にようやく始まることになる。

 政府は、その間に2回目の接種用として確保しておいたワクチンを1回目の接種用に使い、1回目の接種者数を増やす案を検討している。不足する2回目接種分は、追加で供給を受けるアストラゼネカ製ワクチンで補えると見込んでいる。

 青瓦台は、具体的な接種計画は予防接種専門委員会の検討を経て確定すると伝えた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。