Go to Contents Go to Navigation

現代・起亜の中国販売台数 今年は81.7万台目標

記事一覧 2021.03.10 10:56

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車と子会社の起亜が今年、中国市場で競争力ある新車を投入し81万7000台を販売する目標を掲げた。次世代の電気自動車(EV)専用プラットフォーム(車台)を初めて採用した「アイオニック(IONIQ)5」も早ければ年内に中国で発売し、中国市場での再飛躍を図る計画だ。

現代「名図」(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 業界によると、両社の今年の中国での目標販売台数は現代が56万2000台、起亜が25万5000台の計81万7000台で、昨年の販売台数66万4744台(現代44万177台、起亜22万4567台)より約23%高めに設定した。

 両社の中国での販売台数は2016年に計179万2022台だったが、17年は米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に対する中国の反発の影響で114万5012台に急減した。中国メーカーとの激しい競争も一因となり販売台数は減り続けたが、昨年は減少傾向が底を打ち、下半期からファンダメンタルズ(基礎的条件)の革新を通じて販売競争力の改善を進めており、今年は巻き返しできると見込んでいる。

 現代は今月1日に中国でセダン「名図」の新型モデルを発売したのに続き、上半期中にEVモデルも発売する予定だ。下半期に小型多目的車(MPV)を、年内にアイオニック5を発売する計画だ。

 アイオニック5を巡っては、中国で生産する可能性もあるとの見方が出ているが、現代はまだ方針を決めていないという。

 今年は現代の高級車ブランド「ジェネシス」も中国で発売する。起亜も下半期に多目的レジャー車(RV)「カーニバル」の新型モデルを発売する予定だ。

 現代自動車グループは今年、中国主要都市で燃料電池車(FCV)「NEXO(ネッソ)」をテスト運行し、燃料電池中型トラックを発売する計画だ。

 今月2日には中国・広州でFCV生産法人「HTWO広州」の起工式を開き、初の燃料電池システム海外生産基地の建設を本格化させた。同グループが100%出資したHTWO広州は来年下半期の完工を目指している。生産能力は年間6500基を目標としている。

 中国は35年までにFCV100万台普及を目標に掲げており、世界最大級のFCV市場となる見通しだ。現代・起亜は技術のリーダーシップを土台に市場を先取りする計画だ。

現代「アイオニック5」(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。