Go to Contents Go to Navigation

日本揺るがした「韓流」女子ゴルファーを紹介 韓国で書籍発刊

記事一覧 2021.03.10 12:35

【ソウル聯合ニュース】韓国女子プロゴルファーの日本進出の道のりと歴史を時代別、人物別に紹介した書籍「日本列島を揺るがした韓国のゴルフ女帝たち」(原題)が韓国でこのほど出版された。

「日本列島を揺るがした韓国のゴルフ女帝たち」の表紙(ネクストスポーツ提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 国文学や東アジア人文学を専門とするソミョン出版が発刊したこの本の著者は、日本のゴルフ専門誌「スーパーゴルフ」の韓国語版発行人を務めたゴルフコラムニストのオ・サンミンだ。

 韓国女子プロゴルフ協会の会長を務めた故・具玉姫(ク・オッキ)をはじめ、金愛淑(キム・エスク)、李英美 (イ・ヨンミ)などが1980年代に日本に進出した際に経験した困難や試練のほか、韓国人として初めて日本女子オープンで優勝した高又順(コ・ウスン)、韓国人として初めて日本と米国で新人賞を獲得した韓熙円(ハン・ヒウォン)、70年代生まれの最後の現役選手、李知姫(イ・ジヒ)などを取り上げた。 

 また、2000年以降に日本ツアーでデビューした辛ヒョン周 (シン・ヒョンジュ)、アン・ソンジュ、申ジエ(シン・ジエ)、イ・ボミなどの記録と、これらの選手がリードした「ゴルフ韓流」についても分析した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。