Go to Contents Go to Navigation

フランスからの入国者へのビザ発給停止 コロナ感染状況悪化で=韓国

記事一覧 2021.03.10 14:52

【ソウル聯合ニュース】韓国が英国と南アフリカに続き、フランスからの入国者に対しても外交・公務を除く学生・短期滞在査証(ビザ)の新規発給を停止したことが10日、分かった。

在フランス韓国大使館によるビザ発給中止の公示(同大使館ホームページから)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 在フランス韓国大使館は3日、「政府の新型コロナウイルス防疫強化措置に伴い、3月4日から学生ビザの発給を停止する」と公示した。それ以前に発給されたビザは有効となる。

 韓国政府は防疫強化対象国として昨年7月にフィリピン、10月にネパール、12月に英国・南アフリカ、今月にフランスの計5カ国を指定している。

 防疫強化対象国は、その国での10万人当たりの感染者数、変異種のウイルスによる感染が占める割合、韓国への入国者数とそのうち陽性と判定された割合などを考慮して指定される。

 政府は各国の新型コロナ感染状況が悪化した場合には新たに防疫強化対象国に指定し、指定した国の状況が改善すれば解除する。

 国際統計サイトのワールドオーメーターによると、10日現在のフランスの感染者数は累計393万2862人で、死者は計8万9301人。新規感染者数は前日から約2万3000人増加した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。