Go to Contents Go to Navigation

韓国外相「南北関係発展の新たな契機つくる」=国連総長と電話会談

記事一覧 2021.03.11 14:57

【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官は11日、就任後初めて国連のグテレス事務総長と電話会談し、韓国と北朝鮮が国連に加盟してから今年で30年になることを受け、南北関係発展の新たなきっかけづくりに取り組む姿勢を示した。韓国外交部が明らかにした。

鄭義溶・外交部長官(同部提供)=(聯合ニュース)

 グテレス氏は朝鮮半島の平和構築に向けた韓国政府の取り組みへの支持を表明した。

 両氏は平和維持や新型コロナウイルスの感染拡大、気候変動など世界的な課題への対応を巡り、国連の主導的な役割と韓国の寄与を評価し、協力を強化することで一致した。

 グテレス氏は5月にソウルで開催される「グリーン成長とグローバルゴールズ2030のためのパートナーシップ(P4G)首脳会談」と12月の平和維持に関する国連の閣僚級会合への出席を前向きに検討するとした。

 また、鄭氏は国連事務局の高官ポストへの韓国人進出拡大に対し関心を持つよう求め、グテレス氏は「好意的に検討する」と応じた。

 鄭氏は12月末に任期を迎えるグテレス氏の再任を支持すると表明した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。