Go to Contents Go to Navigation

防疫対策レベル緩和せず 2週間延長へ=韓国首相

記事一覧 2021.03.12 10:16

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は12日、新型コロナウイルス感染症対応を話し合う中央災難(災害)安全対策本部の会議で、政府の防疫対策「社会的距離の確保」について「14日までとなっている現行のレベルを、さらに2週間延長する」と表明した。また、5人以上の私的な集まりも引き続き禁止する。新規感染者数が下げ止まりとなっているため。

会議で発言する丁首相=12日、ソウル(聯合ニュース)

 首都圏の社会的距離確保のレベルは上から3番目の第2段階、首都圏以外は同4番目の第1.5段階で維持される。

 丁氏は「1日当たりの新規感染者数が8週連続で300~400人台と、もどかしくも停滞している。こうした状況で後退(防疫レベルの引き下げを実施)すれば、苦しみながら積み上げてきた防疫のダムが一気に崩れかねない」と述べた。国民のコロナ疲れを気遣いながらも、「ここでコロナの勢いをそぐことができなければ再流行に向かう状況であることを勘案してほしい」と理解を求めた。

 政府は今後2週間を特別対策期間に定め、不特定多数が利用する施設や外国人労働者が多い事業場などを中心に感染対策の実態を点検する予定だ。

飲食店などの営業が制限され、繁華街の人出はまばらだ(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。