Go to Contents Go to Navigation

コロナワクチン 「6月までに1200万人に1回目接種」=韓国首相

記事一覧 2021.03.12 14:17

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は12日、新型コロナウイルスのワクチン・治療薬に関する状況点検会議で、「(6月までの)上半期中に1200万人の国民が1回目のワクチン接種を終えられるようにする」と表明した。

会議で発言する丁世均首相=12日、ソウル(聯合ニュース)

 韓国では先月下旬、療養型の病院・施設の65歳未満の入院・入所者、従事者や新型コロナ関連の医療従事者を対象にワクチンの接種が始まった。これまでに累計54万6000人超が1回目の接種を受けた。

 丁氏は「来月からは接種のペースと規模を大幅に拡大し、迅速かつ広範囲な接種を行っていく」と説明。疾病管理庁と行政安全部に対し、全国の予防接種センターが速やかに稼働するよう万全の準備を整え、民間医療機関での接種もしっかり準備してほしいと指示した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。