Go to Contents Go to Navigation

[韓流]BTS 日本ゴールドディスク大賞で8冠=海外アーティスト最多

記事一覧 2021.03.15 17:41

【ソウル聯合ニュース】日本レコード協会は15日、韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)が「第35回日本ゴールドディスク大賞」で3年連続「ベスト・エイジアン・アーティスト賞」を受賞するなど、計8部門で受賞したと発表した。

BTS(ビッグヒットエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 所属事務所のビッグヒットエンターテインメントによると、海外アーティストとしては日本ゴールドディスク大賞の最多受賞記録となる。

 BTSは、「いつも僕たちに多くの愛と応援をくださるARMY(ファン)の皆さん本当にありがとうございます」とコメントした。

 ベスト・エイジアン・アーティスト賞のほか、4枚目フルアルバム「MAP OF THE SOUL:7」と日本アルバム「MAP OF THE SOUL:7~THE JOURNEY~」の2作が「ベスト3アルバム(アジア部門)」に選ばれた。「THE JOURNEY」は「アルバム・オブ・ザ・イヤー(アジア部門)」にも輝いた。

 ヒット曲「Dynamite」は「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(アジア部門)」「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ストリーミング(アジア部門)」「ベスト5ソング・バイ・ストリーミング」の3部門で受賞した。

 2019年の日本スタジアム公演の模様を収めたミュージックビデオ(MV)「BTS WORLD TOUR 'LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF' ―JAPAN EDITION」は「ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー(アジア部門)」に選ばれた。

 BTSはこの日受賞者が発表された、米国の音楽・映画界で最高の栄誉とされる「第63回グラミー賞」では受賞を逃したが、韓国アーティストとして初めて授賞式のステージでソロパフォーマンスを披露し、大きな話題を呼んだ。

TOMORROW X TOGETHER(ビッグヒットエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 また、BTSと同じ所属事務所の5人組男性グループ、TOMORROW X TOGETHER(TXT、トゥモロー・バイ・トゥギャザー)も「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(アジア部門)」「ベスト3ニュー・アーティスト(アジア部門)」を受賞した。

 JYPエンターテインメントと日本のソニー・ミュージックによる共同オーディション企画から誕生した日本人9人組ガールズグループ、NiziU(ニジュー)は「ベスト5ニュー・アーティスト(邦楽部門)」「ベスト5ソング・バイ・ダウンロード」「ベスト5ソング・バイ・ストリーミング」の3部門で受賞した。

 このほか男性グループ、SEVENTEEN(セブンティーン)が「ベスト3アルバム(アジア部門)」、Stray Kids(ストレイキッズ)「ベスト3ニュー・アーティスト」に選ばれるなどK―POPグループの活躍が目立った。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。