Go to Contents Go to Navigation

韓米 2プラス2後に米軍駐留経費協定に仮署名へ=同盟強化象徴

記事一覧 2021.03.15 19:05

【ソウル聯合ニュース】韓国と米国は18日に外交・国防閣僚会議(2プラス2)を開催した後、在韓米軍の駐留経費負担に関する特別協定(SMA)の合意文に仮署名する。複数の政府消息筋が15日、明らかにした。

2020年以降の在韓米軍駐留経費の韓国側負担を決める韓国と米国の交渉が妥結した(イラスト)=(聯合ニュース)

 同盟重視を強調してきたバイデン政権が発足してから、韓米同盟の強化を示す最初の象徴的な行事になるとみられる。

 韓国外交部は先ごろ、米国のブリンケン国務長官とオースティン国防長官が17日に訪韓し、2プラス2を18日に開催すると発表した。

 複数の政府消息筋によると、2プラス2の直後に両国の外相・国防相出席のもと、SMAの仮署名式が開かれるという。

 在韓米軍駐留経費の負担割合を定めるSMAは2019年末から期限切れとなっていた。外交部によると韓米は先ごろ、韓国の20年の負担額について前年から据え置きの1兆389億ウォン(約990億円)とすることで合意した。21年に韓国が負担する駐留経費の総額は、20年比で13.9%増の1兆1833億ウォンと決まった。

 協定文は仮署名に続き法制処の審査、閣議、大統領の裁可、正式署名を経て、韓国国会の批准同意案の可決後に発効する。

 一方、今回のブリンケン氏一行の来韓には国務省のソン・キム次官補代行(東アジア・太平洋担当)も加わることが分かった。

 ソン・キム氏は東アジア・太平洋担当の国務副次官補や北朝鮮担当特別代表、北朝鮮の核問題を巡る6カ国協議の首席代表などを歴任したことから「北朝鮮通」として知られている。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。